高瀬物産

イソザキ・高瀬ぶっさ株式会社

イソザキ高瀬物産株式会社は、ジーマの時と同様、地元密着の株式会社イソザキ(長崎県)との合弁で設立されたようです。

 

ただし、2012年3月に高瀬物産佐世保営業所に吸収合併、ということで現在は無くなっているようです。

 

食糧新聞に当時の記事がありましたが、設立経緯としては、2008年2月、高瀬物産株式会社と、長崎県の業務用卸の会社、株式会社イソザキとの合弁により設立。設立の趣旨は、佐世保、福岡、熊本を商圏とするイソザキの営業基盤に対し、高瀬物産が、物流と両社の強みを生かし営業基盤を固めることとされていました。

 

一般的に合弁会社と言っても様々な形がありますが、出資が半々の時などは、どちらかの社員がリードするかによっても、成否が分かれるようですね。

 

イソザキ高瀬物産の吸収合併の経緯はホームページなどにも記載は内容ですが、合弁会社として存続させる意義がなくなったための、のちの吸収合併かもしれません。

イソザキ・高瀬物産株式会社関連ページ

ジーマ・高瀬物産株式会社
ジーマ・高瀬物産の成り立ちについて。高瀬物産のグループ会社には、沖縄県のジーマとの合弁会社があります。
東京風月堂
あまり知られていませんが、風月堂(東京風月堂)は高瀬物産のグループ会社です。