高瀬物産

東京風月堂

実は、あまり知られていませんが、東京風月堂は、高瀬物産のグループ会社です。

 

本社所在地は、高瀬物産のすぐお隣。(東京都中央区日本橋2丁目2番8号)

 

創業、明治5年(1872年)、資本金10億円の、この老舗のお菓子会社は、
高瀬物産の創業者、高瀬孝三氏の支援によって再建され、
その後グループ傘下に入ったようです。

 

風月堂、といえば、駅やデパートでおなじみの言わずとしれた銘菓店ですが、
実は、いくつかの流派(?)があるんですよね。

 

風月堂自体は、1789年に松平定信から「御用達」とお墨付きを得て依頼の名店ですが、
東京風月堂は、「米津松造」がのれん分けをされた、
米津風月堂を作ってからの歴史です。

 

対して、本流の流れを汲む「上野風月堂」もありますね。
似てはいますが、別の企業です。

 

会社としては、米津修二氏が「株式会社風月堂」として成り立ったのが始まりで、
その後積極経営により、経営状態が悪化。

 

そこに手を差し伸べたのが、高瀬物産社長の、
高瀬孝三氏だった、というわけです。

 

その後、主力商品を次々と開発し、工場を拡大してきただけでなく、
風月カントリー倶楽部をオープンさせるなど、
確固たる地盤を固めてゆき、現在に足ります。

 

【東京風月堂の品目一覧】
洋菓子 : ゴーフル、ゴーフレット、パピヨット、リーフパイ、サブレ、ラングドシャー、クッキー、等の焼菓子。
マロングラッセ、レーズンビスキー、バームクーヘン、チーズタルト、チョコレートケーキ、等の半生菓子。
ウェディングケーキ、ショートケーキ、デコレーションケーキ、お誕生日、各イベントケーキ等の洋生菓子。
和菓子 : 上生菓子、引菓子、打菓子、焼菓子、饅頭、他各種和菓子。

 

風月堂といえば、なんといってもゴーフルですが、
バタータップリのリーフパイや、サクサクのサブレなんかも、
ほんわりといい香りがして大好きです!

東京風月堂関連ページ

ジーマ・高瀬物産株式会社
ジーマ・高瀬物産の成り立ちについて。高瀬物産のグループ会社には、沖縄県のジーマとの合弁会社があります。
イソザキ・高瀬物産株式会社
イソザキ・高瀬物産という会社も、ジーマ・高瀬物産のときと同様に、資本提携や、相乗効果を上げられる地元の企業、ということでの提携だったようです。