高瀬物産

ボジョレーヌーボー

 

素人にはなじみがないのですが、ボジョレーというと、
毎年春に試飲会が行われるのだとか・・・。

 

販売開始は春夏秋を超えて11月なのに、春から試飲会なんですね。
アパレル業界の来年のカラー(?)のように早いです。

 

輸入交渉などの兼ね合いなんでしょうかね??

 

時期的に震災の後の年もあったので、それ以来はかなり規模も縮小されたそうですが、
貴重な畑からとれるボジョレーを試飲できる、数少ない機会・・・ということで、
業者、ワイン通の間では、なかなか貴重なチャンスだと言われているそうです。

 

高瀬物産のトレネル ムーラン・ナヴァンなども赤坂の某高級店で、
フルボトルがリーズなブルな価格で出されていたのを見たことがあります。

 

ワインの輸入業者は数あれど、社長自らフランスの騎士の称号を受賞するレベルの、
本格的なワイン通がおススメできる珠玉のワインをこれだけ取り揃えられるのは、
高瀬物産ならではと言えるでしょう。

 

樹齢何十年という「古木」で作られたボジョレーなどは、
まさに通好み。

 

ボジョレーヌーボー

 

ボジョレーはいまいち・・と思っている人は、
ワインを知らなさすぎ、もったいないですよ。

 

 

「古木」ならではのポテンシャルをしっかりと活かすことで、
卓越したワインができるのだそうです。

 

あとは、言わずとしれた、輸送状態ですが、
まあこれは、老舗の高瀬物産ならではの、完璧な温度状態で搬送されるので、
間違いはないでしょう。

 

いままでに味わったことの無い、ボジョレーの美味しさを新発見できるかもしれませんね。